福岡県町村会
スポット一覧

スポット一覧

福岡エリア

衣掛の森(きぬかけのもり)
衣掛の森(きぬかけのもり)

宇美八幡宮の境内にある樹齢2000年といわれるクスの大木(国指定天然記念物)

衣掛の森(きぬかけのもり)

樹齢約2000年といわれる1本の大きなクスの木で、国の天然記念物に指定されています。神功皇后が応神天皇をご出産された際に、産衣を掛けられたところから名づけられたといわれています。なお、一本のクスの木ですが、あまりの巨木のため、「衣掛の森」と呼ばれています。

湯蓋の森(ゆふたのもり)
湯蓋の森(ゆふたのもり)

宇美八幡宮の境内にある樹齢2000年といわれるクスの大木(国指定天然記念物)

湯蓋の森(ゆふたのもり)

樹齢約2000年といわれる1本の大きなクスの木で、国の天然記念物に指定されています。神功皇后が応神天皇をご出産された際に、このクスの木の下で産湯を使われたとき、枝葉が産湯の上に蓋をしているように見えたことから、この名がついたといわれています。なお、1本のクスの木ですが、あまりの巨木のため、「湯葢の森」と呼ばれています。

宇美八幡宮
宇美八幡宮

神功皇后が應神天皇をご出産された地と伝わる安産信仰の八幡宮

宇美八幡宮

宇美八幡宮は、神宮皇后が応神天皇を出産したといわれる地で、敏達天皇の時代(572年~586年)に創建されたといわれています。境内には、助産師の始祖が祭られている「湯方社」、応神天皇の産湯に使ったとされる「産湯の水」、神宮皇后が出産された際につかまったとされる「子安の木」「子安の石」など安産に関する言い伝えが数多く残っており、多くの方が安産祈願に訪れています。

伊野天照皇大神宮
伊野天照皇大神宮

伊野天照皇大神宮

「九州の伊勢」と呼ばれ、神殿や建物の配置も伊勢神宮を模して築造されました。天照大神・手力雄神・萬幡千々姫命を祀る由緒正しいこの神社は、近くを猪野川が流れ、夏には涼を求めて多くの人が訪れます。また毎年春には大祭が催され、剣道や柔道の奉納試合に多くの人が訪れます。境内に生える欅の大木は町指定文化財に指定されており、周囲に自生する紅葉は秋の境内を美しく彩ります。※毎月1日と15日に社務所が開いています。

筑豊エリア

香春神社
香春神社

桜の名所でもあり境内にある山王石は必見

香春神社

一ノ岳の麓にある香春神社は、新羅の神様「辛国息長大姫大自命」(からくにおきながおおひめおおじのみこと)」を祀った神社で、山王石と呼ばれる大石が見所で桜の名所として知られています。

古宮八幡神社
古宮八幡神社

神幸行事は福岡県指定の無形民俗文化財

古宮八幡神社

香春三ノ岳の神を祀る古宮八幡神社は、古代より宇佐神宮とかかわりが深く、奈良の大仏鋳造にも大きく寄与したといわれています。

鶴岡八幡神社
鶴岡八幡神社

躍動感あふれる圧巻の流鏑馬は必見

鶴岡八幡神社

鶴岡八幡神社の祭神は、応神天皇・神功皇后・玉依姫命(たまよりひめのみこと)で、約850年前に鎮西八郎為朝が勧請したといわれています。10月に行われる秋季大祭(宮日祭)で流鏑馬(やぶさめ)神事が有名です。

鏡山大神社
鏡山大神社

神功皇后とゆかりが深い

鏡山大神社

香春町鏡山のなかの小さな山の頂に鎮座している鏡山大神社。神功皇后が新羅へ出兵する道すがら、現在の鏡山の丘に天の神・地の神を祀って必勝祈願したとされています。

須佐神社
須佐神社

藩庁跡として石碑と石垣が今もなお残っている

須佐神社

素盞嗚命を祀った神社で立派な石垣が特徴です。5月には祇園祭があり飾り山の山鉾は見ごたえがあります。江戸時代初期の慶長年間、初代小倉藩主細川忠興公の崇敬が厚く、弟の香春城主細川孝之公は常に参拝し、小笠原公の崇敬も厚かったと言われています。明治6年に現在の鬼ヶ城に遷座されました。

現人神社(お申様)
現人神社(お申様)

本殿脇の狛犬と並ぶ猿の石像は必見

現人神社(お申様)

三ノ岳の麓の採銅所に鎮座する現人神社。都怒我阿羅斯等命(つぬがあらしとのみこと)を祀っており、土地の人に「お申様(おさるさま)」と呼ばれ、親しまれています。

天照大神宮
天照大神宮

仲哀天皇の皇后、応神天皇の母である神功皇后を知る

天照大神宮

神功皇后が仲哀天皇に祟る神を知るため、神託を聞いたと伝えられています。一人の農夫が田畑を耕していた時、1つの鷹の羽が降ってきました。家に持ち帰って、夢の中で「朕は天照大神なり、この地に鎮座する」と言われたため仮殿をしつらい、その後神殿、拝殿が造営され現在の形となりました。

神宮院
神宮院

香春岳の麓にたたずむ閑静なお寺

神宮院

二ノ岳の東の麓に佇む、天台宗の開祖、最澄(伝教大師)が創建したお寺で、境内には樹齢850年の大イチョウがあります。また、古くから梅の名所として知られ、春になると多くの梅が咲き誇ります。

高座石寺
高座石寺

境内に入るとすぐ岩の上に石仏が鎮座している見応えのあるお寺

高座石寺

平安時代に建てられた神宮院の近くに建立された六坊(坊=僧の住居)。その六坊の一つが高座石寺です。香春神社古縁起には、弘仁5年(814年)最澄が香春社に詣でた時「後山(香春岳)東腰に方丈の白石あり、大師彼上に坐して7日7夜法華薬草喩品を講じると、千草万木忽ち成長す、これを高座石と号す」と記されています。

菅原神社のイチイガシ(県指定天然記念物)
菅原神社のイチイガシ(県指定天然記念物)

大任町の歴史を見守る巨木、樹齢は推定300年から400年。

菅原神社のイチイガシ(県指定天然記念物)

菅原神社のイチイガシは、ブナ科の常緑広葉樹です。葉の裏側に黄褐色の密毛があるのが特徴です。樹高28メートル、胸高直径4メートルほどの大きさで、樹齢400年と推定されています。実はあく抜き無しで食べられることから、縄文時代の昔から食用とされてきました。

北九州エリア

八劔神社の大イチョウ
八劔神社の大イチョウ

日本武尊の神話も残り、樹齢1900年を超える福岡県指定天然記念物

八劔神社の大イチョウ

福岡県指定天然記念物の八劔神社の大イチョウは雄株の古木で、神社の由緒には、日本武尊(やまとたけるのみこと)が熊襲征伐(くまそせいばつ)の時に立屋敷に立ち寄り、讒言(ざんげん)により都からこの地に逃れてきた砧姫という娘と結ばれて、その証として植えられたものとして記されています。