福岡県町村会

みやこまち みやこ町

みやこ町

みやこ町は、総面積約151km²で、福岡県の北東部に位置し、東は行橋市と築上郡の築上町、西は田川郡の添田町・赤村・香春町、南は大分県、北は北九州市小倉南区に接しています。
平成18年(2006) 3月20日、京都郡の勝山町・犀川町・豊津町の3町が合併して、「みやこ町」が誕生しました。

  • 崎山地区の向日葵

    崎山地区の向日葵

  • 豊津花菖蒲公園

    豊津花菖蒲公園

  • 生立八幡神社神幸祭

    生立八幡神社神幸祭

人口 20,243人(平成27年国勢調査人口)
面積 151.34km²
URL http://www.town.miyako.lg.jp/
産業 一次産業就業者数814人
二次産業就業者数3,003人
三次産業就業者数5,332人
名産 ゆず加工品、帆柱茶、みそ、九州菊、かずら筆、
みやこ肉(猪・鹿)、みやこ肉カレー

Access

周辺のイベント

みやこ町花しょうぶまつり
みやこ町花しょうぶまつり

みやこ町花しょうぶまつり

6月上旬

豊津花菖蒲公園は、みやこ町を代表する菖蒲の名所です。見ごろを迎える6月には、3,000株、約1万本もの花菖蒲が、白や紫の花を咲かせます。「みやこ町 花しょうぶまつり」では、菖蒲の開花に合わせて、特産品販売、俳句作品展示、ステージイベントなどの多彩な催しが行われます。

みやこ町夏まつり
みやこ町夏まつり

みやこ町夏まつり

8月下旬

出店のほか、勇壮な和太鼓演奏などのステージイベントや、「サン・グレートみやこ」にて戦没者・物故者合同追悼式(慰霊祭)が行われます。最後に約一千発の花火が打ち上げられ、みやこ町内外問わず、毎年沢山のかたがお越しになります。

みやこ町産業祭 よってこ犀祭 in みやこ
みやこ町産業祭 よってこ犀祭 in みやこ

みやこ町産業祭 よってこ犀祭 in みやこ

11月中旬

各種団体によるステージイベントや例年40店舗を超える特産品等を販売する各種出店があります。また体育館では農林産物の品評や展示、フリーマーケットを開催しており、祭りの締めくくりの農林産物オークションは特に盛り上がります。

豊前国分寺三重塔まつり
豊前国分寺三重塔まつり

豊前国分寺三重塔まつり

2月下旬

国指定史跡の豊前国府寺跡で「三重塔を活用した地域おこし」をテーマに、俳句大会、護摩焚き、火渡り、野点、特産品販売など、多彩な催しが開かれています。

周辺のスポット

永沼家住宅
永沼家住宅

永沼家住宅

江戸時代後期の天保十年(1839年)に建築された家屋で、桁行20m、梁間11mの規模を持つ入母屋造り茅葺の民家です。永沼家は、江戸時代を通じ地元の庄屋をつとめました。大きな木材がふんだんに使用され、当時の庄屋の生活が垣間見れます。また、建築の記録「家建諸控

豊前国分寺三重塔
豊前国分寺三重塔

豊前国分寺三重塔

奈良時代、聖武天皇の勅願により全国の国ごとに建てられた国立寺院です。創建当時九州東北部の文化の中心でした。戦国時代末期の兵火で焼失しましたが、江戸時代の元禄年間にほぼ復興。三重塔は明治29年に建立されたものです。塔の高さは23.5m、九州に3箇所しかない塔です。

みやこ町歴史民俗博物館
みやこ町歴史民俗博物館

みやこ町歴史民俗博物館

みやこ町の各遺跡から出土した遺物や豊前国府・国分寺、豊津藩関係資料など1万点を超える歴史的資料を所蔵しています。また、夏目漱石の門下生でドイツ文学者・小宮豊隆ゆかりの資料も多数所蔵されており、夏目漱石からの手紙など全国的にも貴重な資料が収められています。

橘塚古墳
橘塚古墳

橘塚古墳

一辺約40m、高さ7mの方墳で豊前地方を代表する古墳で国指定史跡です。石室の構造などから6世紀終わり頃の構築と推定されています。黒田小学校校庭に所在しており、子どもたちは古代の文化に接しながら歴史を学んでいます。

綾塚古墳
綾塚古墳

綾塚古墳

墳丘の大きさは直径40m、高さ7mで、古墳の中には京築地方で唯一の家型石棺が安置されています。6世紀後半から7世紀初頭の構築と推定され、国指定史跡となっています。

思永館
思永館

思永館

現在の育徳館高等学校の前身である旧制福岡県立豊津中学校の講堂として、明治35年(1902年)に建設されました。学校建築としは、福岡県内最古のものです。

甲塚古墳
甲塚古墳

甲塚古墳

長さ46.5m、幅36.4m、高さ9.5m、まわりの周溝を含めると長さ約72m、幅63mにもなる大型の方墳で、長方形の古墳としては、九州でも最大級の規模をほこります。古墳は整備されていますのでいつでも見学できます。

じゃぶち森のビレッジ
じゃぶち森のビレッジ

じゃぶち森のビレッジ

福岡県森林浴100選にも選ばれた自然豊かなキャンプ場です。夏には水遊び、冬には雪遊びが楽しめるよう、冷暖房、バス、トイレなどを完備したコテージが整備され、1年を通じて利用できます。

蛇渕の滝
蛇渕の滝

蛇渕の滝

英彦山系の豊かな水を集め、高さ10mの岩壁を白糸のように流れ落ちる蛇渕の滝。「その昔、大蛇が棲んでいた。」という伝説もある滝壺のそばにたつと、ひんやりとした空気に包まれ神秘的な景観が楽しめます。

豊前国府跡公園
豊前国府跡公園

豊前国府跡公園

奈良時代になって豊前国に設置された国の役所跡を歴史公園として整備しました。平成25年にはリニューアルされ、子供が楽しめる遊具も設置。広い園内でおもいっきり楽しめます。

障子ヶ岳城跡
障子ヶ岳城跡

障子ヶ岳城跡

障子ヶ岳の山頂にある中世の山城跡です。14世紀前半に足利統氏が築城し、16世紀後半に黒田氏によって廃城とされるまで存続したといいます。

蔵持山修験道遺跡
蔵持山修験道遺跡

蔵持山修験道遺跡

蔵持山は、「英彦山六峰(ひこさんろっぽう)」の一つに数えられる豊前(ぶぜん)地方屈指の霊山で、千年以上の歴史をほこります。山内にはその歴史にふさわしい数々の遺跡が残され、一部は今なお信仰や生活の場として利用されています。

郡長正の墓
郡長正の墓

郡長正の墓

郡長正は会津戦争敗北の責任をとって自刃した会津藩家老・萱野権兵衛の次男で、会津藩再興の命を受け、明治4年に会津藩士の子弟6人と共に小笠原藩校「育徳館」の留学生として学びました。経緯は諸説ありますが、明治4年5月1日に育徳館南寮の一室で切腹により自らの命を絶ちました。彼の墓は、故郷会津を向いています。

周辺の名産・特産品

みやこ肉カレー

みやこ肉カレー

猪カレーは、うまみたっぷりの濃厚な味に仕上げています。鹿カレーは、鹿ミンチ肉が入っていて、スパイシーなキーマカレー風になっています。

帆柱茶

帆柱茶

霧深い山里で大切に育てられた帆柱茶は、香り高く滋味深いのが特徴。添加物を一切使わない自然の味は、健康にも良いと好評です。

みそ

みそ

帆柱みそ、山塔みそなどそれぞれの地域のみそを味わえます。

ゆず加工品

ゆず加工品

みやこ町でとれる柚子と唐辛子を使ったゆず加工品。特に人気があるのはゆずこしょうと粉末ゆずこしょう。ハバネロ入りの粉末ゆずこしょう「とほーもねぇ」は激辛ですが、人気商品です。

みやこ肉

みやこ肉

自然豊かなみやこ町で育った猪と鹿。ジビエならではの引き締まった肉は超絶品で、その奥深い味わいは、愛好家を魅了し続けています。